仁塾

採用情報
  • Facebook
  • Twitter
  • Line

コースのご案内 小学生の部(5年生・6年生)

[イメージ]

本科講座

英語・数学

中学生は学校授業、部活動、行事など…想像以上に忙しいですよね?「塾と部活、両立できるかなぁ」と思っているそこのキミ!仁塾なら大丈夫。仁塾の本科講座は効率を重要視した授業カリキュラムです。授業に「集中」させ、小さな努力を「継続」させることにチカラを注ぎます。宿題から出題される「確認テスト」で合格し続ければ成績アップ間違いなし。
高校入試はもちろん、高校入学後の学習に大きな影響を与える数学と英語をしっかり指導していきます。

[イメージ]

国語・社会・理科

「勉強のやり方がわからない」という理由で、苦手とする生徒が年々増加している国語。仁塾オリジナルメソッド「教科書チェック勉強法」なら誰でも定期テストで自己ベストを更新することができます。教科書改訂以降、より難しくなった理科。とにかく覚えることが多い社会。いずれも高校入試では外せない科目です。
仁塾なら「楽しい」「面白い」って思えます。なぜか?それは先生の「教え方」に秘密があります。一度、授業体験していただければ、開始15分で「楽しい」「面白い」と実感できますよ。

[イメージ]

受験対策講座 5科目

多くの生徒が部活動をひと段落させ、いよいよ受験生として本腰を入れるべき時期が2学期以降です。国語・数学・英語を、部活のなくなった夕方の時間帯に取り組みます。入試の傾向も、生徒が苦手意識を持つ単元も、仁塾は全て把握しています。その弱点となりやすい部分のみを取り上げ、生徒に効率よく学習していただきます。

[イメージ]

土曜単元特別講座

中3生の2学期以降の『土曜日の使い方』は大切です。何となくお昼まで寝て、午後ちょっと友達と遊んで、夜ちょっと勉強しようかな、などと思っていると、気がつけば日曜日。ムダとは言いませんが、受験生としての土曜の過ごし方ではありません。仁塾では、2学期以降の中3生に対し、土曜日の有効活用のため、5科目単元別に特訓講座を実施します。各科目、入試頻出、かつ、受験生の多くが苦手意識を持つ単元を、演習+解説の授業構成で進めます。

[イメージ]

日曜入試スパート講座

私立入試が始まる1月。公立高校入試が目の前に迫っています。それまで培った基礎力と応用力を、実際の入試に必ず出題される良問演習の中で、実践します。1回300分の授業構成は、30分〜40分で試験を行い、残り時間で解説となります。ペース配分の感覚を養い、ケアレスミスのないよう集中し、今までの知識の総整理を行います。

[イメージ]

講習会(夏期・冬期)

中学3年生は、夏期・冬期の長期休暇を利用し、講習会を開講します。5教科既習範囲、かつ入試頻出単元の総復習がメインとなります。

[イメージ]

入試直前ファイナル講座

ここまできたら、あとは今までの自分の努力を信じるのみ。仁塾は、公立高校後期選抜試験を控え不安と闘う生徒に、最後まで一生懸命に努力し続けることの大切さを教えます。今まで本当によく頑張ってくれた生徒、そして応援して下さった保護者様への感謝の気持ちと合格への思いを込め、魂をこめた授業を捧げます。

[イメージ]